事件は舞台で起きている!?事件簿①

はじめまして!もうすぐ横響6年目のちいと申します。よろしくお願いします♪

まずは、先日(4/29)行われました本番では、本当にたくさんの方々にご来場いただきました。たくさんの暖かい拍手をいただき、ありがとうございました。私たち団員も、素敵なソリストのお二方と合唱団との共演で、とても充実した演奏会になりました。お楽しみいただけていれば幸いです。

そして次回、第663回定期演奏会は6/17(水)です。今回もヴァイオリンのソリスト:有賀 叶さんをお迎えしての演奏会になります。オーケストラだけの交響曲、ソリストさんと共に奏でる協奏曲。それぞれ、どのようなな音楽を作り上げていけるのか、とても楽しみです♪ 週の真ん中の夜、横響の奏でる音楽で、素敵な夜を過ごしませんか?団員一同、心よりお待ちしております。

さて!ここからが本題です!

題名にもある通り、舞台の上でおきる事件の数々を、時に演奏者の心の中を見ながら、お伝えしていこうと思います。拙い文章ですが、お付き合い頂ければ幸いです。

 

♪ 事件簿①

それはほんの数年前。私が高校生のときの本番の舞台の上で起こりました。

曲はチャイコフスキーの交響曲第五番第四楽章。 

始まって3分程たったところにある、一気に盛り上がる場所♪

それまではロシアの冬のような曲調で重々しく。。ティンパニが盛り上がって「ダン!」と聞こえたらハイ!弦楽器がかっこよく登場!で、ホルン・・・と練習を重ねてきたカワイイ部員たち。。

 そして、イザ本番! 

 始まって約3分後。。

 ティンパニが盛り上がって♪

 全員:そうそう!順調!ここで「ダン!」って・・・ん?あれ?「ダン!」がない・・・いつ入るんだ?

 ティンパニ:やばい!どうしよう・・・・なんとか入ってきてーーー(゚д゚lll

 ヴァイオリン2プルト表の部員(2列目お客さん側):あ、ここ!今だ!・・・違う!!

コンサートミストレス(通称:コンミス):今だ!!・・・あわない。

(指揮者)・・止めたほうがいいのか!?

ホルン:(気がつかず)ここだよ〜♪

全員:ホルン聞こえた!ここだー!!!!!         

 

(以上、部員の心の声でした。)

そして、この心の声のは10秒もかからないうちに行われたこと・・・

その後、最後まで止まらずに演奏が終わったので良しとしますww

 

このように、舞台の上はいつも危険(事件?事故?)と隣り合わせ。でも、そんなことも生の演奏会だからこそ!ライブの醍醐味!!

・・とポジティブに考えていますが、もちろんみんなで大反省。。、

ちなみに、ホルンの中で「ダン!」がなかったことに気がつかなかったのは私です。なぜでしょう?終わったあとに知ってびっくりでしたww

そして今、時を経て・・・良い思い出です(^O^)

 

ということで、第一回目は横響とは関係ない部活で起きた事件簿でしたww

いかがでしたか?

次回からは団員の方にもインタビューしながら、横響で起こった事件について報告(レポート)したいと思います。

では〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です